YAHAHA APX-4A エレアコ 修理


ヤフオクで「ジャンク」をキーワードに検索かける日々。。。。

ふと目に留まったのがこのヤマハのエレアコ。
「ペグが1個ありません。ネックにヒビ割れ、指板浮き。トップにも破損あり。電池替えても音が出ません。プリアンプ不良」
ってことで1000円で出品されてた。
色合いが渋くてサウンドホールのへしゃげた感じはどっか間が抜けてて気になってた機種ではある。
上位機種は6連ペグだったり装飾がちょっとゴテゴテしてたんで、見た目はAPX-4Aくらいがちょうど好み。
「これくらいならたぶんちょっとした修理で弾けるようになるやろなー」と入札したら競ることなくそのまま落札。
送料入れても3000円未満でしたー。


かなり厳重に梱包されて届いた。出品者さんありがとー。
トップ板の傷もセルバインディングの破損もこの色合いにはマッチしてるんで俺的にはマイナス点ではないな。
早速弦を張って弾ける状態にリペア。


ネックのヒビと指板の浮きはタイトボンドをギターの1弦で押し込んで


クランプ固定


ペグは手持ちのGOTOHに総替え
1個裏蓋が無いのはご愛嬌(笑


ペグが黒だったんでブリッジピンも黒で合わせてみた。
渋い感じが増しておもわずニヤリ^^


ボディが薄めで立って弾きやすいね。ストリート向き。
ブリッジに結構余裕があったんでエレキ感覚で弾けるよう弦高をできるだけ落としてみた。
ま、別にテクニカルなフレーズ弾くわけじゃないけど、普段エレキ弾く俺には違和感無くてよい。
ピエゾがちゃんと反応してくれるよう念のためテンション角を稼げるよう溝を掘る。


お次は「おそらく故障でしょう」と言われてたプリアンプ部。
チェックの最初の最初の最初の段階で電池端子に錆が出てるのを発見。
割り箸に接点復活剤を吹付けた1200番の耐水ペーパーを巻きつけてゴシゴシしてみる。


無事通電、問題なし

なんだ。ものたりねー!!(笑


ヤマハエレアコのプリアンプはチープサウンドだって言われてるけど
なんのなんの。
ブリッジピエゾだけのエレアコはそんなめちゃめちゃ大差あるもんじゃないんじゃないかと思う。
多少不満でもストンプ1個かませば十分ですよ。


完成!!


ストリートのメインギターになるね。